髭脱毛のウンチク

フォトRF式 髭脱毛とは?

Posted on by

RF(高周波)はIPLのフラッシュ脱毛式によく間違われます。確かに光のしくみは似ていますがRFは補助的な役割にすぎず、しばしばIPLに合わせて照射します。

ひげの毛穴にも効果があり他にも「ニキビ」「しみ」が治るみたいです。

フラッシュ脱毛の組み合わせてに使われる理由は、RFが補助的な役割をするみたいにいいましたが、RFは確かに毛根の毛自体に刺激を与えるのではありません。

毛幹や毛根の組織に刺激を与え細胞を破壊するのはIPLになり、RFはその毛を囲んでいる毛包に刺激を与えます。

ようするに外側
の皮を薄くしてから中の身を割るわけです。

そのため2つの脱毛法を一緒にすれば痛くもなく約2倍の効果があるのです。

良質なクリニックやエステはこの2つを取り入れて施術してくれます。脱毛効果が薄いみたいな脱毛法にとらわれがちな部分もありますが、実は日本人に合う効率的な方法です。

RF、IPLの組み合わせも良いですがその他にも赤外線やレーザー光の組み合わせもあり、いろんな肌に対する高い効果を作れます。

ひげ脱毛に使われるRFを組み合わせた機械は「オーロラ」みたいにもいうそうです。

さらにですが脱毛の技術はすごい速度で進んでいるらしく、フォトRFプロのような機能アップした脱毛機も完成しているようです。

RFだけでも十分な効果はありますが他の照射部分(ハンドピース)のようにいわれているものを組み合わせれば、可能な限り痛くない脱毛法も出てくるに違いありません。

ニードル髭脱毛とは?

Posted on by

ニードルはつまり針の治療をいい昔はこの治療が一般的でした。もちろん脱毛にもなり永久脱毛の始まりはここからです。どうやら針治療はアメリカで誕生しそれが発展してきたみたいです。

そして針に改良を加えたのがレーザー脱毛になります。そのため脱毛の治療による境界線ができました。

治療の仕方はより工夫され毛穴にただ針を通すだけではありません。ニードルや針治療は詳細にない場合もありますが、針にプラス電気を使って脱毛していきます。

基本的な治療は毛穴一本一本に針を通してそこに電気を流します。さらに毛も抜いてしまうわけです。

毛を抜くわけですが家の毛抜けには似て異なりません。さらに電気を通しているためひげなら毛の下部分の毛根が破壊されるのです。

厳密には毛根の毛乳頭になる部分を破壊します。針を通すのは毛穴を広げるわけでも毛を抜くためでもありません。

深部まで針を通しピンポイントに一つずつ細胞を破壊するのです。そうすれば毛は生えてこなくなります。

ひげは顔の中でもとくにデリケートな部分のため、こうして一本ずつ処置を施した方がむしろ安全でしょう。

レーザー治療もありますが必ず毛乳頭が破壊される保障はありません。しくじったら一生深部まで破壊しきれず永久に治療を受けるはめになります。

そういう意味でもニードル式の治療は確実性の高い治療法なのです。

ただし針治療は時間もかかりお金も高いため検討してから受けるべきです。

ひげなら何回かに治療を分けてだんだん面積を狭くし、毛を抜いていった方がいいかもしれません。

レーザー髭脱毛とは?

Posted on by

レーザー治療は医療的な施術のため治療の順序もしっかりあります。

しかしレーザーは一体何なのか気になる人もいるでしょう。レーザーは光線の一種で波長を調整しながら治療を施すのです。

治療には単一の波長が使われいろんなレーザーを一気にあてたりはしません。虹の色から赤色だけを取り出しそれを一色だけあてるようなイメージです。

そのため肌が傷つくことはないし良い具合に毛の細胞だけが破壊されます。レーザーは意外に便利な光なのです。

ただし顔のひげはメラニン色素の少ない部分でもあるため、レーザーには向かない点もあります。

一方で日本人に適したレーザーもありそれを「アレキサンドライトレーザー」みたいにいうそうです。

新しい方は「ダイオードレーザー」らしくどちらも多くの機関で使われています。

また照射時間を制御できる「Qスイッチ」のついたヤグレーザーも普及してきているそうです。

改めてレーザー治療のしくみをおさらいすれば、レーザーをあて細胞を破壊するように例えましたが、実際はメラニンを含む毛全体に熱を与えひげならひげが生えてこないよう、根本を変形されるのがレーザー治療です。

専門用語では「選択的光熱治療」にもいうそうです。

ちなみにひげの脱毛においても他の部位に同じくレーザーをあてられますが、ひげにも毛周期があり定期的にしかあてられない面もあります。

またひげが少なくメラニン色素もない場合は、直接レーザーをあてても意味がないようです。

クリニックとエステサロンの料金違い

Posted on by

受ける場所によってかなり料金の差があるため事前に確認が必要です。
クリニックでは多くの施設が医療レーザーを用いるため、料金は比較的高めになっています。脱毛の信頼性はどこよりも良いです。
高いお金を払っているのだから当たり前ではありますが、どうしてもひげに対する価値観が邪魔してしまいます。
エステサロンはクリニックより圧倒的に安くなっています。ただし高性能な脱毛器はあまり取り扱っていません。
美容室のようなお店のため庶民向けはやはりこちらでしょう。エステサロンも当然のように料金差はありますが、それなりの専門性をもったエステティシャンの施術を受けられます。
例えば針脱毛をクリニック・エステサロンのどちらかで受けるかは技術者の腕の違いによってきますね。
クリニックの料金は全体的にエステサロンに比べ高いです。レーザー脱毛の1回の料金は安くても5千円はこえます。だいたい1-5万円前後のクリニックが人気のようです。
もちろんクリニックにも1万円以下でレーザー脱毛を受けられる所はあります。高いクリニックの場合でもキャンペーンにて安くなったりもあるため、普通に安心してください。
一般的なエステサロンの料金は1万円こそこえませんが、レーザー脱毛ではなく光脱毛をするお店が多いようです。
そのため何度もお店に通う必要になってきますが、通う回数も増えれば当然安くもなってきます。結果クリニックでもエステサロンでもあまり変わりないんです。
料金が高い脱毛はそれだけ何度も受ける必要も少なく、コスパを心配する必要はそれほどありません。

髭の仕組みと脱毛

Posted on by

しくみについていう前にそもそもなぜ毛が生えるのでしょうか?それは、男性ホルモンの分泌が多くなるからです。女の人より男の人の毛の方が濃くなるのはそのためです。

毛が濃い=男性ホルモンが多い

女の人は男の人以上にひげの脱毛対策をすれば毛は濃くなりません。男の人も同様に脱毛を意識すればそんなに毛は濃くなりません。

ひげにも生える時期がある

ホルモンが多くなればひげは生えやすくなります。さらに定期的なサイクルによっても生えるらしいのです。

また自分の体調や日頃の運動量にも関係していて毛の伸び方は人によって違います。

毛の伸びは3つの時期に分けられ「伸びる期間」「抜ける期間」「次に伸びるための準備期間」になるそうです。

つまり脱毛サロンを定期的に治療するよう勧められる理由は、伸びる期間に伸びた毛そのものを治療し「伸びてももう生えないぞ」みたいな感覚を神経におぼえさせるのです。

脱毛の不思議な部分はまさにこの生える習慣にあり、普通に意識しただけでは分からないようになっています。

そのため脱毛サロンの担当者が教えている教えは全て正しく、1年間くらいの治療を続ければ本当に毛は生えなくなるのです。

ひげ処理を自分でする場合は鏡を見ながらするため、家にいながら一人でも念入りな自己ケアができます。

ただし脱毛器を使ってよく分からない状態ですれば、ひげがかえって伸びることにもつながりかねないため、使い方など理解してからひげの脱毛にあたってください。