24
7月

フォトRF式 髭脱毛とは?

RF(高周波)はIPLのフラッシュ脱毛式によく間違われます。確かに光のしくみは似ていますがRFは補助的な役割にすぎず、しばしばIPLに合わせて照射します。

ひげの毛穴にも効果があり他にも「ニキビ」「しみ」が治るみたいです。

フラッシュ脱毛の組み合わせてに使われる理由は、RFが補助的な役割をするみたいにいいましたが、RFは確かに毛根の毛自体に刺激を与えるのではありません。

毛幹や毛根の組織に刺激を与え細胞を破壊するのはIPLになり、RFはその毛を囲んでいる毛包に刺激を与えます。

ようするに外側
の皮を薄くしてから中の身を割るわけです。

そのため2つの脱毛法を一緒にすれば痛くもなく約2倍の効果があるのです。

良質なクリニックやエステはこの2つを取り入れて施術してくれます。脱毛効果が薄いみたいな脱毛法にとらわれがちな部分もありますが、実は日本人に合う効率的な方法です。

RF、IPLの組み合わせも良いですがその他にも赤外線やレーザー光の組み合わせもあり、いろんな肌に対する高い効果を作れます。

ひげ脱毛に使われるRFを組み合わせた機械は「オーロラ」みたいにもいうそうです。

さらにですが脱毛の技術はすごい速度で進んでいるらしく、フォトRFプロのような機能アップした脱毛機も完成しているようです。

RFだけでも十分な効果はありますが他の照射部分(ハンドピース)のようにいわれているものを組み合わせれば、可能な限り痛くない脱毛法も出てくるに違いありません。

8
7月

ニードル髭脱毛とは?

ニードルはつまり針の治療をいい昔はこの治療が一般的でした。もちろん脱毛にもなり永久脱毛の始まりはここからです。どうやら針治療はアメリカで誕生しそれが発展してきたみたいです。

そして針に改良を加えたのがレーザー脱毛になります。そのため脱毛の治療による境界線ができました。

治療の仕方はより工夫され毛穴にただ針を通すだけではありません。ニードルや針治療は詳細にない場合もありますが、針にプラス電気を使って脱毛していきます。

基本的な治療は毛穴一本一本に針を通してそこに電気を流します。さらに毛も抜いてしまうわけです。

毛を抜くわけですが家の毛抜けには似て異なりません。さらに電気を通しているためひげなら毛の下部分の毛根が破壊されるのです。

厳密には毛根の毛乳頭になる部分を破壊します。針を通すのは毛穴を広げるわけでも毛を抜くためでもありません。

深部まで針を通しピンポイントに一つずつ細胞を破壊するのです。そうすれば毛は生えてこなくなります。

ひげは顔の中でもとくにデリケートな部分のため、こうして一本ずつ処置を施した方がむしろ安全でしょう。

レーザー治療もありますが必ず毛乳頭が破壊される保障はありません。しくじったら一生深部まで破壊しきれず永久に治療を受けるはめになります。

そういう意味でもニードル式の治療は確実性の高い治療法なのです。

ただし針治療は時間もかかりお金も高いため検討してから受けるべきです。

ひげなら何回かに治療を分けてだんだん面積を狭くし、毛を抜いていった方がいいかもしれません。