30
8月

家庭用脱毛器のメリットとは?

もちろん家にいながらもひげの脱毛はできます。いわゆる家庭用脱毛器で、性能も脱毛サロンなどで使っているのに似ています。

しかし最近までは家でするひげ脱毛は注目されていませんでした。なぜなら昔は海外のレーザー式の製品が多く、あまり評判も良くなかったからです。

今は過去の製品に改善を加えたフラッシュ式の脱毛器がはやっています。例えば国内製品で有名な「ケイン」がありますね。少しお高めですが医療用なみのパワーがあり、効果は本物です。

他にもフラッシュ式の脱毛器には手ごろな値段で買えて、家で気軽に使える据え置きタイプやコンパクトタイプもあります。普通の毛抜きやカミソリよりも便利だし長く愛用しても良いし、カートリッジを交換するだけでさらに照射範囲も広げたりできますよ。

正直な話をすれば家に脱毛器が1つあるだけで、サロンに1年間通ったりする浪費も少なるなるし、自分のペースで都合のよい時間に処理できます。他人に見られたくない人にはちょうど良いかもしれませんね。

また家庭用脱毛器は美顔効果の機能もついているものもあり、サロン感覚で使うのにも適しているでしょう。まずは買ってみて数カ月試してみる価値はありますよ。

一度処理したくらいではなかなか効果がはっきりしないかもしれません。しかし根気よく続けていればサロンに通ったりするより安くおさまって、経済的だし毎日が楽しくなるに違いありません。

そうはいいながら家庭用脱毛器は全て自分の加減で決まるため、肌の当てすぎには十分注意してください。

当てすぎればしみになったりして永遠に残ることもあるようです。

14
8月

フラッシュ脱毛とは?

フラッシュ脱毛に使われる光はレーザーに近く似たような光線を使います。そのな違いは光の照射範囲です。フラッシュによる光の方が処理する範囲は広いです。

一度に処理できる本数はレーザーに比べても、2、3倍は違います。そのため施術の時間はそんなにかかりません。

フラッシュ式はエステやサロンでよく扱われる脱毛法ですが、光にもいろんな程度があります。フラッシュ脱毛はいわゆるIPL脱毛をいいます。その光に使うライトをフラッシュランプみたいに呼ぶのです。

その名の通り何回にも分けて白い色なら白く点灯します。またこのしくみを応用したものにプラズマ脱毛もありますが、こちらも一応はフラッシュ脱毛の類に入るようです。

フラッシュ脱毛は一般にインテンスパルスライト、つまりIPLを使いますが例えばクリニックではこのIPLに加えて、高周波のRFをあて脱毛の精度を高めています。

IPLの光は広帯域なのに対し光が少し弱いため、場所によってはジェルを塗って光の吸収を促している例もあるようです。

またいろんな波長を使うため当然あまりよくない波長も入ってしまいます。その対策にマルチパルスライトを使い不必要な波長をカットしています。

ひげにおけるフラッシュ脱毛はメラニン色素の関係もあって、ひげが太い場合は波長が合わないケースもあります。そのため何回も施術を受けるような落ち度につながります。

一本のひげに対する毛根は量によって決まるため、一度の施術でどれだけ傷つけず細胞を破壊できるか、がフラッシュ脱毛においては大切です。

フラッシュ脱毛の最大のメリットはやはり痛みでしょう。他にも針やレーザーによる脱毛法があるのはご存じでしょうが、理解していても少し抵抗感がありますよね。

脱毛法のどれを選ぶかはその人次第ですが、コスパや自分の予算もやはり心配でしょう。やっぱり人間お金はあまりかけたくないものです。

時折フラッシュ脱毛は「時間のかかる脱毛法」みたいに批判される場合もあるでしょう。その効力は痛みに比例してほんの少しかもしれません。

しかし時間をかけていれば「だんだん脱毛できてくる」、そういう実例があるフラッシュ脱毛は近年注目されている脱毛法なのです。

また病院などの医療機関ではフラッシュよりも、レーザーが多く用いられます。そのため治療法によって比較しやすい料金設定になっているのです。

レーザーもフラッシュも光線をあたてているのには変わりなく、期待の高いのはやはりレーザーによる治療です。料金が高くてもそれなりの脱毛は保障してほしい人はレーザーを受けるのです。

フラッシュ脱毛は痛みが少なく料金も安くなっています。「効果もそこそこありそう」みたいに軽い気持ちで脱毛する意志のある人にはぴったりの脱毛です。

いわゆる「誰でも受けられる脱毛」はまさにこのフラッシュ脱毛でしょう。それならサロンやエステなど足を運びやすい場所が採用している理由もわかりますね。

お金に余裕のある人もあえてフラッシュ脱毛を選び、気長に効果があらわれるのを待つ人もいます。

フラッシュ脱毛について詳しく知らなくても、時代の流れにのりたい人が気軽に体験できるようになっています。

 

13
8月

レーザー髭脱毛とは?

レーザー治療は医療的な施術のため治療の順序もしっかりあります。

しかしレーザーは一体何なのか気になる人もいるでしょう。レーザーは光線の一種で波長を調整しながら治療を施すのです。

治療には単一の波長が使われいろんなレーザーを一気にあてたりはしません。虹の色から赤色だけを取り出しそれを一色だけあてるようなイメージです。

そのため肌が傷つくことはないし良い具合に毛の細胞だけが破壊されます。レーザーは意外に便利な光なのです。

ただし顔のひげはメラニン色素の少ない部分でもあるため、レーザーには向かない点もあります。

一方で日本人に適したレーザーもありそれを「アレキサンドライトレーザー」みたいにいうそうです。

新しい方は「ダイオードレーザー」らしくどちらも多くの機関で使われています。

また照射時間を制御できる「Qスイッチ」のついたヤグレーザーも普及してきているそうです。

改めてレーザー治療のしくみをおさらいすれば、レーザーをあて細胞を破壊するように例えましたが、実際はメラニンを含む毛全体に熱を与えひげならひげが生えてこないよう、根本を変形されるのがレーザー治療です。

専門用語では「選択的光熱治療」にもいうそうです。

ちなみにひげの脱毛においても他の部位に同じくレーザーをあてられますが、ひげにも毛周期があり定期的にしかあてられない面もあります。

またひげが少なくメラニン色素もない場合は、直接レーザーをあてても意味がないようです。

レーザー脱毛のメリットですが、医療用に多く使われる高精度な脱毛処理ができます。安全性も考慮されているため安心して治療をうけられます。

もちろん家庭用の脱毛器にも安全面で考慮された設計になっています。しかし家庭用のレーザー脱毛器は素人の手でするため、もしかしたら注意書きが記しているかもしれません。もしくは使用したらダメかもしれないため確認が必要でしょう。

そうはいいながらレーザータイプは広い範囲にあてられ、ひげならあごライン全体を一気にまんべんなく脱毛できるのです。

痛みもそんなにないようで従来の針脱毛にくらべれば、どんな皮膚の弱い人も我慢できるレベルです。

「痛いのは嫌だ」みたいな理由をよく聞きますが、レーザー治療はそんなに怖いものではありません。日本人なら日本人の肌が耐えられる光があたるだけです。

光は光でもでもやっぱり少し抵抗感があるでしょう。しかしレーザー治療の強い秘密は施術時間の短さにあります。

ほんの10分くらいレーザーをあたてていればおわりです。この10分に痛みを感じるのは最初のレーザーをあてる時くらいでしょう。少しの痛みならすぐに慣れるため時間を数えたりしていればすぐです。

施術をうける機関によっては痛み・治療具合も違うかもしれません。一方で「サロン系のひげ脱毛はいろんな面で優しい」みたいなレビューもあります。

またレーザー脱毛は何回かに分けてうけなければいけないため、根気よく諦めずに通う意地も脱毛においては重要です。逆に期間があく方が良い人もいてマイペースに通う人には適しています。