レーザー髭脱毛とは?

レーザー治療は医療的な施術のため治療の順序もしっかりあります。

しかしレーザーは一体何なのか気になる人もいるでしょう。レーザーは光線の一種で波長を調整しながら治療を施すのです。

治療には単一の波長が使われいろんなレーザーを一気にあてたりはしません。虹の色から赤色だけを取り出しそれを一色だけあてるようなイメージです。

そのため肌が傷つくことはないし良い具合に毛の細胞だけが破壊されます。レーザーは意外に便利な光なのです。

ただし顔のひげはメラニン色素の少ない部分でもあるため、レーザーには向かない点もあります。

一方で日本人に適したレーザーもありそれを「アレキサンドライトレーザー」みたいにいうそうです。

新しい方は「ダイオードレーザー」らしくどちらも多くの機関で使われています。

また照射時間を制御できる「Qスイッチ」のついたヤグレーザーも普及してきているそうです。

改めてレーザー治療のしくみをおさらいすれば、レーザーをあて細胞を破壊するように例えましたが、実際はメラニンを含む毛全体に熱を与えひげならひげが生えてこないよう、根本を変形されるのがレーザー治療です。

専門用語では「選択的光熱治療」にもいうそうです。

ちなみにひげの脱毛においても他の部位に同じくレーザーをあてられますが、ひげにも毛周期があり定期的にしかあてられない面もあります。

またひげが少なくメラニン色素もない場合は、直接レーザーをあてても意味がないようです。

レーザー脱毛のメリットですが、医療用に多く使われる高精度な脱毛処理ができます。安全性も考慮されているため安心して治療をうけられます。

もちろん家庭用の脱毛器にも安全面で考慮された設計になっています。しかし家庭用のレーザー脱毛器は素人の手でするため、もしかしたら注意書きが記しているかもしれません。もしくは使用したらダメかもしれないため確認が必要でしょう。

そうはいいながらレーザータイプは広い範囲にあてられ、ひげならあごライン全体を一気にまんべんなく脱毛できるのです。

痛みもそんなにないようで従来の針脱毛にくらべれば、どんな皮膚の弱い人も我慢できるレベルです。

「痛いのは嫌だ」みたいな理由をよく聞きますが、レーザー治療はそんなに怖いものではありません。日本人なら日本人の肌が耐えられる光があたるだけです。

光は光でもでもやっぱり少し抵抗感があるでしょう。しかしレーザー治療の強い秘密は施術時間の短さにあります。

ほんの10分くらいレーザーをあたてていればおわりです。この10分に痛みを感じるのは最初のレーザーをあてる時くらいでしょう。少しの痛みならすぐに慣れるため時間を数えたりしていればすぐです。

施術をうける機関によっては痛み・治療具合も違うかもしれません。一方で「サロン系のひげ脱毛はいろんな面で優しい」みたいなレビューもあります。

またレーザー脱毛は何回かに分けてうけなければいけないため、根気よく諦めずに通う意地も脱毛においては重要です。逆に期間があく方が良い人もいてマイペースに通う人には適しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>